Flora & Metabolite Laboratory

身体の中にいる微生物もあなたのもの。
“生きている”食品であれば、きっと応えてくれます。

SCROLL

わたしたちの暮らす社会は自然の一部であり、
自然そのものの理解を深めていくことが、ヒトの健康につながっていると考えています。
私たちは、健康の基盤的存在である微生物(プロバイオティクス)と
その代謝産物(バイオジェニックス)に着目して研究しています。
微生物の生態を探究して得られた知見に基づく機能性食品の開発です。

Product Information

製品情報

有用微生物のスクリーニング、発酵、安定化技術を基盤として、人々の健康な生活に寄与する機能性食品の開発を行っています。ヒトに役立つプロバイオティクス成分、そして特許取得のバイオジェニクス成分にいち早く着目し、独自の精製、加工技術で製品化しました。

Dealer List

正規取扱店一覧

弊社は、ご購入いただく製品をお客様に末永く安心してご愛用いただくため、正規取扱店をご案内しております。

ネット販売の禁止製品ご購入上のご注意喚起について
NEWS

ニュース

2020.03.12
製品ラインナップ追加のご案内
2020.03.05 トピックス
フレイル予防
2020.01.06 トピックス
新年のご挨拶
2019.12.20 トピックス
年末年始業務日程のご連絡
2019.09.19 トピックス トピックス
「今だから改めて問います! 腸内細菌って何?」(東京三鷹)にて講師を務めます
COLUMN

コラム

2020.04.28
30~65才までの2型糖尿病の累積リスク
2020.03.05 トピックス
フレイル予防
2020.03.02 トピックス
超高齢化社会に備える健康と健口
2020.02.17 トピックス
腸と免疫
2020.02.16 トピックス
ストレス社会に生きる現代人

わたしたちの取り組み~あなたを支えるヘルスフード~

入り口から始まるヘルスケア

取り組み
01

クオリティ・オブ・ライフの向上に重要なキーポイントはエントランス(入り口)ケア。呼吸や栄養等の大事なものが入ってくる一方で、病原菌や有害物も入りうる口は、ヒトや動物のとっての最初のエントランス。そしてもう一つ重要なエントランスが体内にあります。わたしたちの提案するヘルスケアフードはエントランスを意識して開発しています。

入り口から始まるヘルスケア

共に生きている

取り組み
02

ヒトを構成する細胞はおよそ60兆個。体内や体表に生息する細菌数は200兆個を超えます。もっとも免疫細胞が発達した重要な免疫器官である腸には1kg以上の体内微生物が棲み着き、免疫系など人体の仕組みと密接な相互作用があります。つまり細菌叢はヒトの健康に密接に関わる存在だということです。

共に生きている

「健康」も「不健康」も
積み重なったもの

取り組み
03

インフルエンザや風邪などの突発的な感染症を除けば、ある日、突然「体調不良」になった、ということが起こり得るでしょうか?身近な習慣とその持続などで長い時間の経過を経たものを、短い時間でキャンセルすることはできません。しかし、ご相談下さい。じっくりと取り組むことで、体内に棲み着く小さな微生物たちが多様性を取り戻すことで、砂漠を自然豊かな密林ジャングルに変えることだってできるはずです。

「健康」も「不健康」も積み重なったもの

相談相手づくり

取り組み
04

ヘルスケアのモチベーションは、健康の手本となる指導者から学びましょう。健康維持の実践的なモデルはやはり健康をよく知るヒトであるべきです。ユーザー1人1人の健康状態を把握しながら、健康でいるための知識と適切に製品の使用をアドバイスできるナレッジや周辺情報をカウンセラー(正規販売店)と共有しています。

相談相手づくり

自身をわかる?

取り組み
05

ライフスタイルのあらゆる面を含め、ヒトの全体(体・心・魂)を考えることが大切です。いまある身体の状態のヒストリーを把握できない状態であれば、プロバイオティクスやバイオジェニックスの最大の効果を得ることはできません。ユーザーとカウンセラーがカウンセリングの過程でパートナーシップを築くことは健康促進や疾病予防についても非常に重要です。

自身をわかる?

コラム

Column